2016.09.23ダイエット , 太もも

太ももを細くするにはセルライトを除去!自宅でできるマッサージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7672-00007-1

脚のダイエットを行いたいときに、とくに気になるものが太もものボコボコとしたセルライトではないでしょうか。でも実は、セルライトは自宅でのセルフマッサージで除去したり、目立たなくしたりすることができるんです!今回は、キレイな太ももを手に入れるための、セルライト対策セルフマッサージの方法をご紹介します。

セルライトはどうしてできるの?

7672-00007-2

太ももを両手で強くつかんだりねじったときに、皮膚の表面に現れるボコボコとしたものがセルライトです。
セルライトの正体は、体内の肥大化した脂肪細胞がコラーゲン線維と結合したもの。
冷えやホルモンバランスの乱れ、自律神経の乱れなどによる代謝の悪化が体内で起こると、本来排出されるはずの余分な水分や老廃物が体内にとどまります。このとき、脂肪細胞と老廃物が絡み合い肥大化し、コラーゲン線維と合わさってセルライト化するのです。セルライトは周りの血管や細胞を圧迫するため、周辺に代謝不良の悪循環を引き起こし、どんどん新たなセルライトが生まれてしまいます。
このように、セルライトは代謝の悪化が原因でできあがるため、予防には体調管理が必要です。体を温める栄養バランスの良い食事、適度な運動、十分な睡眠をとってストレスをなるべくためないことなど、基本的な生活改善を行いましょう。

効果的なセルフマッサージの手順

一度できるとなかなか取れにくいセルライトですが、毎日セルフマッサージを行うことで、目立たなくすることができます。代謝を上げ、リンパを通じて老廃物を脚から胴体へ循環させるイメージで、足先から太ももをマッサージしていきます。

1.入浴で体を温める

マッサージの効果を上げるため、体温を上げて血行を良くします。38度から40度くらいのお湯に胸の高さまで浸かり、30分ほどリラックスしながら汗を流すと良いでしょう。

2.お風呂上りに足裏マッサージをする

あぐらをかくように座った状態で、両手の親指の腹を使いながら程良い力で足裏全体を指圧していきます。土踏まずを中心に、足の裏の外側へ向けて親指を滑らせてください。

3.足首→ふくらはぎ→ひざの順にマッサージする

まず、両手の親指と人差し指を大きく開いてVの字の形を作ります。その形のまま、アキレス腱からふくらはぎの上部まで、手前に引くようにして全体をほぐしてください。
その後、両手の親指を足首の裏側に添えて脚を包むように持ち、ひざの裏の中心部を10回ほど指圧します。最後に、すねに両手の親指の腹を当てて、螺旋を描くようにひざとふくらはぎの外側を中心にほぐしてください。

4.太ももをやさしくほぐし、セルライトをつぶす

手全体でやさしく「つまむ→揉む」という行程を太ももの表、裏、側面と丁寧に行います。この動きを根気よく10分ほど、ゆっくりと続けることが大切です。

以上の手順で、マッサージを毎日両脚に行いましょう。ポイントはやさしく、ゆっくりと時間を掛けて行うこと。力を入れすぎて、素早い動きでマッサージを行うと太ももの組織を痛める可能性があるため注意してください。

どうしても消えない場合はサロンに相談を

セルフマッサージを行っていても、なかなか効果が出にくい場合は、専門のスタッフに相談することも効果的です。セルライトは、長い時間を掛けて体内で蓄積されるため、段階によっては、セルフマッサージだけでは追い付かないという例も珍しくはありません。セルライトがなくならないというストレスを感じる前に、プロの力を上手に借りて解決することも大切です。

おわりに

女性全体の9割の方に、セルライトができるとされています。ダイエットを頑張っているのになかなか太ももがやせない場合は、セルライトが原因かもしれません。入浴で体を温めてから効果的なセルフマッサージを行い、セルライトを上手に除去していきましょう。

Hot pepper Beauty 予約

  • このエントリーをはてなブックマークに追加